M&Aの会社は一覧から探そう|困った時に頼りになる

  1. ホーム
  2. 経営難に陥ったら

経営難に陥ったら

握手

後継者問題もこれで解決

中小企業は今、経営者が60代を迎え後継者問題に揺れています。膨らみ過ぎた資産による相続税支払いの困難、後継の人材が育たない等々、M&Aの必要性に迫られている会社が後を絶ちません。M&A可能な会社を見つける場合には、仲介業者を利用するという手段もあります。一方、そこには手数料の存在という特徴もあります。一社ずつあたっていくという方法もありますが、コストパフォーマンスという面を考えると別の手段を探りたいところです。これらを事前に回避するため、現在M&A業界ではアウトソーシングを利用した方式が広く利用されています。会社を売却したい経営者と、企業を買収したい経営者が登録している仲介業者が、インターネット上のサービスに登録しお互いをマッチングさせていく方式です。売却を希望する会社経営者は無料でサービスに登録し、M&Aの買収希望案件一覧から自由に相手の会社を選ぶことができます。売却を希望される会社もまた、インターネット上に公開されているM&Aの譲渡希望案件一覧に匿名で載せてもらえます。買収希望案件一覧に公開されている仲介業者と自身の会社の条件が合えば、インターネット上のサービスを介して情報開示を行っていきます。この間、インターネット上ではお互いの情報やプライバシーは絶対厳守されています。内容が完全に一致してから直接交渉に移るため、断られる心配がありません。また、このインターネット上のサービスには相談窓口があるため、買収希望案件一覧の中からどれを選ぼうか思案している場合などに、的確なアドバイスを仰ぐことが可能です。