M&Aの会社は一覧から探そう|困った時に頼りになる

  1. ホーム
  2. まずは意思を伝えよう

まずは意思を伝えよう

オフィス

定期的にチェックしよう

会社が事業を拡大していく方法としてM&Aを行うという選択肢もかなり一般的になってきました。最近では、M&Aの仲介業者も増えてきており、M&Aがより身近なものになってきています。M&Aというと大会社が行うものというイメージを持っている経営者も多いですが、売上規模1億円に満たない案件も数多くあります。そのため、小粒の会社をどんどん買収していってグループ全体で大きな売上を作るという方法を取ることもできます。M&Aの手順としては、仲介業者や金融機関に会社を買収する意思を伝えることで、ノンネームによる売却希望会社の一覧表をもらうことができます。この一覧表の中から気になる会社について、さらに詳しい情報をもらい、相手方の経営者と面談をすることになります。しかし、中には、ホームページ上でノンネームによる売却希望一覧をオープンにしているような仲介業者もいます。もしも、M&Aについて気になっているという程度であれば、売却希望会社の情報を一覧でオープンにしている仲介業者のホームページを定期的にチェックしてみるとよいです。そうすることで、どのような業種が多いのか、売上規模はどれくらいの会社が多いのか、M&Aを行うにあたってどれくらいの資金を用意しなければならないのか、ということがわかるようになってきます。M&Aは事業承継手段としても注目されていることから、今後、案件数は徐々に増加していくものと予想されています。